大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式

大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式 国内ニュース
スポンサーリンク

大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式

2023年9月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフト1番船「Baien」の納入式が大分市の田ノ浦ビーチでおこなわれました。式典会場の砂浜に砂煙を上げながら颯爽と現れた「Baien」。その姿を見て、会場にいた関係者や見物していた人たちから歓声が上がったという。

納入式でお披露目されたその日、「Baien」船内が報道公開されました。80人が乗ることが出来る船内は広々としており、バリアフリー設計で車いす用のスペースも設けられている。

9月7日に最終船舶検査合格

建造場所のイギリスから運搬船に積まれ、2万kmの距離を運ばれて日本へ到着したホーバークラフト1番船「Baien」は、8月25日に初めて大分の海に進水。その後はテスト運航を重ね、9月7日に九州運輸局大分運輸支局による最終船舶検査に合格していました。

スポンサーリンク

ホーバークラフト「Baien」

ホーバークラフトの運航をおこなう大分第一ホーバードライブ株式会社が掲載している情報によると、全長約25.7m、幅約12.8m、高さ約8.5m。最大総重量は50トン。

ホーバークラフト「Baien」の概要

型式12000TD
長さ約25.7m
約12.8m
高さ約8.5m
定員80人
最大総重量50トン
最大速力45ノット
耐久時間5時間
エンジン2基×793kW
リフトファン4基
リフトファン直径0.88m
推進プロペラ2基
推進プロペラタイプ5枚可変ピッチ
推進プロペラ直径3.5m

出典:大分第一ホーバードライブ株式会社 | ホーバークラフト紹介(https://note.com/hoverdrive/n/na3e00f78c726)

Griffon Hoverwork の 12000TD型

「Baien」
出典:Wikipedia | Pinkaba – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, リンクによる
イギリスで就航している「Solent Flyer」
出典:Wikipedia | Hassocks5489 – 投稿者自身による著作物, CC0, リンクによる

イギリスの Griffon Hoverwork で建造された「Baien」は、12000TD型という型式。同じ12000TD型の同型艇ホーバークラフトがイギリスのワイト島航路に就航していますが、設計変更が加えられており違いがあるようです。

ワイト島航路に就航するホーバークラフトは船体前方にある搭乗口が階段になっているのに対して、「Baien」はスロープに変更されている。さらに、12000TDの標準仕様では船体長さが23.7mになっていますが、「Baien」は約25.7mで2m長くなっており、客室横の側面窓が3枚から4枚に増えている。

スポンサーリンク

ホーバークラフト関連記事

大分ホーバークラフトで操縦訓練中に4度目の事故、もう誰も驚かない
2024年7月5日15時頃、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指す大分ホーバークラフトで4度目の事故が発生。
大分ホーバークラフトでS字カーブの訓練に向けて土嚢600トン設置
損傷程度は異なるものの、操縦訓練中に3度の事故を起こしている大分ホーバークラフトでS字カーブの訓練に向けて土嚢600トンを設置するという。土嚢を設置する位置は大分空港側の海側から斜路をあがって左手と航走路のS字カーブに2カ所の合わせて3カ所
大分ホーバークラフト事故、訓練中の接触で事故ではないという認識
2024年4月25日に大分空港の進入路で起きた大分ホーバークラフト2番船「Banri」の事故について、気になるニュース記事が掲載されていました。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」で接触事故、操縦訓練継続
2024年4月25日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指す大分ホーバークラフトでまたしても事故が発生。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」フェンスに接触
大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指し、先月下旬に操縦訓練を再開した大分ホーバークラフトで再び事故が発生。大分ホーバークラフト2番船「Banri」が大分空港側の発着場に設置されているフェンスと接触。
事故で破損した大分ホーバークラフト1番船「Baien」本格修理へ
2024年3月14日、事故から4カ月以上が経過した大分ホーバークラフト1番船「Baien」が本格的な修理に向けて大分市内のターミナルに移動しました。今後は、5ヵ月後の今年8月頃までに修理を終え、全3隻で秋頃の運航開始を目指すという。
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」無事に大分到着
2024年2月15日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2024年秋の運航開始を目指している大分ホーバークラフトのうち、3番船「Tanso」が無事に大分へ到着しました。
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着!
大分ホーバークラフト3番船「Tanso」間もなく日本到着! 重量物運搬船「WIEBKE」のAIS情報(2月13日22時 時点) 2024年2月13日、大分ホーバークラフト3番船「Tanso」を積んでいるとみられる重量物運搬船「WIEBKE」...
大分ホーバークラフト1番船修理に向け作業開始、修理には約5ヵ月
操縦士の訓練開始当日にあたる昨年11月8日に大分空港側の斜路でガードレールに接触する事故を起こした大分ホーバークラフト1番船「Baien」の修理に向けた確認作業がおこなわれたようです。
大分ホーバークラフト運航開始を来年秋に延期
2023年12月26日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を目指していた大分ホーバークラフトですが、運航会社の「大分第一ホーバードライブ」は運航開始時期を来年秋に先送りすることを明らかにしました。
大分ホーバークラフトの運航開始は便数減になる見通し
2023年11月21日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している大分ホーバークラフトで、運航会社は運航開始の日程を2024年3月としたまま便数を減らした形になる見通しを明らかにしました。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」検査合格、引き渡しへ
2023年11月16日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」について国の最終検査がおこなわれ合格。17日までに大分県へ引き渡しされるという。
大分ホーバークラフト「Baien」操縦訓練初日に事故発生
2023年度中の運航開始を目指して操縦訓練を開始した大分ホーバークラフト1番船の「Baien」で事故が発生。11月はじめに大分空港と大分市側でそれぞれ安全祈願祭が開かれ、事故が起きた11月8日から操縦士の訓練が始められる予定になっていました
大分ホーバークラフト2番船「Banri」を積んだ運搬船が大分へ
2023年11月8日、大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」を積んだ運搬船「GRIETJE」が日本に到着。
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、日本到着まであと少し
大分ホーバークラフト2番船「Banri」、シンガポール通過 運搬船「GRIETJE」の航行経路 大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、日本へ向けて航行中の2番船「B...
大分ホーバークラフト、2番船「Banri」イギリスから日本へ出発
大分空港と大分市内を結ぶ海上交通アクセスとして2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち2番船「Banri」が日本へ向けてイギリスを出港していたようです。
大分ホーバークラフト1番船「Baien」納入式
2023年9月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフト1番船「Baien」の納入式が大分市の田ノ浦ビーチでおこなわれました。式典会場の砂浜に砂煙を上げながら颯爽と現れた「Baien」
ホーバークラフト1番船「Baien」別府湾でテスト運航
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している1隻目にあたる「Baien」が国の検査に向けてテスト運航をおこなっています。テスト運航は9月5日までの予定で、6日には国の検査がおこなわれるという。
待ってたよ!大分ホーバークラフト1号艇「Baien」が到着
2023年8月24日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が重量物運搬船「BBC SEBASTOPOL」に搭載されて大分に到着。
大分のホーバークラフト1号機「Baien」がイギリスを出港
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定している3隻のホーバークラフトのうち、1隻目にあたる「Baien」が運搬船に積まれてイギリスを出港。大分に到着するのは8月下旬になる予定。
大分で運航予定のホーバークラフト1隻目がついに進水!海上公試へ
大分空港海上アクセスとして導入する国内唯一のホーバークラフト運航にあたり、イギリスのGriffon Hoverworkで建造されている3隻のホーバークラフトのうち、1隻目の「Baien」がこのたび進水しました。
大分空港のホーバークラフトがまさか⁉の部品破損で納期遅延
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトの肝心要となる本体がトラブルにより納期が大幅に遅れるという。
ホーバーターミナルの通称「ホボッタ」 1隻目は7月下旬に大分到着
2023年5月9日、大分空港と大分市内を結ぶ交通手段として2023年度中の運航開始を予定しているホーバークラフトについて、大分県はターミナルの名称とロゴを発表しました。ターミナルの名称は「ホーバーターミナルおおいた」、通称は「ホボッタ」。
大分空港海上アクセスとして導入するホーバークラフトの船名決定
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進められているホーバークラフト3隻の船名を決定したと大分県が発表。肝心のホーバークラフトはまだイギリスで建造中。
大分空港で海上アクセスとしてホーバークラフトが復活
大分空港と大分市内を結ぶ交通手段としてホーバークラフトが採用され、2023年度中の運航開始に向けて整備が進んでいるようです。大分県では過去にもホーバークラフトが就航していましたが利用者減少などの理由で運航が終了しています。
スポンサーリンク
興味深い海の世界

あらゆるものが巨大な海の世界。
なかでもインパクトの強い画像を中心に海の世界を紹介。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む