☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

捕鯨母船「関鯨丸」完成、引き渡し

捕鯨母船「関鯨丸」完成、引き渡し 国内ニュース
スポンサーリンク

捕鯨母船「関鯨丸」完成、引き渡し

2024年3月29日、下関市の旭洋造船で共同船舶向けに建造していた捕鯨母船「関鯨丸かんげいまる」が完成し、引き渡しがおこなわれました。「関鯨丸」は昨年まで活躍していた「日新丸」に代わる新たな捕鯨母船として建造。

「関鯨丸」は引き渡しがおこなわれた後、冷凍用コンテナ設置のため関門海峡を抜けて下関の長州出島に向かいました。今後は、4月3日に下関港で関係会社や報道機関などを対象に船内の見学会がおこなわれるほか、5月21日には今季の捕鯨に向けて出港式がおこなわれる予定。

スポンサーリンク

捕鯨母船「関鯨丸」

船名関鯨丸
総トン数9,299トン
長さ112.6m
21m
速力12ノット
最大乗船人員100人
航続距離7,000海里
新捕鯨母船「関鯨丸」
出典:MarineTraffic | elf hill

船名「関鯨かんげい丸」の由来は、下関市の「関」と「鯨」の字を使い、新しい母船を下関に「歓迎かんげい」するという意味が込められているという。

建造費用は約60億~70億円。全長112.6m、幅21m、最大乗船人員100人、速力12ノット、航続距離は7,000海里で南極海への到達が可能。船尾部分にはスリップウェイ方式の揚鯨設備があり揚鯨ウインチを使用して70トンの揚鯨ができる。将来的な大型鯨種の捕獲枠追加にも対応。

捕獲した鯨を船内で鯨肉原料として生産して貯蔵する保冷庫は従来の巨大冷艙から複数のリーファーコンテナへに変更し、冷凍鯨肉が少ないときの電力消費量を抑えることが可能。20フィートコンテナ40基、袋製品保冷庫60tで合わせて860トンの冷艙容量を備えている。

捕鯨母船「関鯨丸かんげいまる」の建造スケジュール
  • 2023年2月
    着工、安全祈願式
  • 2023年6月
    起工式
  • 2023年8月
    進水
  • 2024年3月
    竣工・引き渡し
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。