☑【Googleニュース】でも最新記事をチェック出来るよ!

最大揚程152m、国内最大の陸上風車建設用移動式タワークレーン完成

最大揚程152m、国内最大の陸上風車建設用移動式タワークレーン完成 建設機械・機器
スポンサーリンク

最大揚程152m、国内最大の陸上風車建設用移動式タワークレーン完成

2023年12月4日、清水建設は(株)エスシー・マシーナリ、IHI運搬機械(株)と共同で開発を進めてきた陸上風車建設用移動式タワークレーン「S-Movable Towercrane」が完成したことを発表しました。3社は現在、広島県呉市のジャパンマリンユナイテッド(株)呉事業所新宮地区において、自走式多軸台車(ドーリー)を活用したクレーン移設試験など、2024年6月に北海道内で予定している実工事への適用に向けた準備を進めているという。

清水建設は洋上風力においても国内最大の2,500トン吊りSEP起重機船「BLUE WIND」を自社保有しており、陸上風力分野では「S-Movable Towercrane」を武器に、風力発電施設建設のトップランナーを目指すと述べています。

清水建設の世界最大級SEP船が進水
清水建設が建造中のSEP起重機船「BLUE WIND」SEA TRIAL実施中
清水建設が建造中の「BLUE WIND」に45mの伸縮ギャングウェイ設置
石狩湾新港洋上風力発電施設の海上工事に着手
洋上風力タービンのブレード設置効率を向上させる目的のSEP船を発表
清水建設が完成した世界最大のSEP起重機船を公開
富山県の入善沖で使用する中国の洋上風車 適合性評価を完了
清水建設がSEP起重機船「BLUE WIND」のテレビCMを公開
清水建設のBLUE WINDがChannel Japanに登場
Channel Japanで清水建設のSEP船を紹介する動画公開
富山県入善町沖で使用するモノパイルが完成し中国から出荷
清水建設のSEP船「BLUE WIND」初任務へ向け いざ日本海へ
SEP起重機船吊り上げ能力ランキング【世界TOP8】
入善町沖洋上風力で設置する明陽智能の風力タービンが天津港を出港
SEP船「BLUE WIND」 ⼊善洋上⾵⼒の洋上風車建設に着手
入善洋上風力「BLUE WIND」による風力タービン設置開始
入善洋上風力で「BLUE WIND」が使用した巨大油圧ハンマー
石狩湾新港洋上風力で工事本格化、現場の様子を報道公開
国内最大のSEP船「BLUE WIND」母港の室蘭港に初入港
SEP船「BLUE WIND」石狩湾新港へ向け室蘭港を出港
石狩湾新港 SEP船「BLUE WIND」によるタービン設置開始
「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近
石狩湾新港で建設中の洋上風車、8月中に設置完了は厳しい?
清水建設のSEP船「BLUE WIND」来年2月から台湾で施工
⽯狩湾新港洋上風⼒で8MW風力タービン14基設置完了
「BLUE WIND」施工の「入善洋上風力発電所」運転開始
台湾の雲林洋上風力で年内作業終了、「BLUE WIND」帰国?
「BLUE WIND」と同型船「SEAWAY VENTUS」完成
北海道の「石狩湾新港洋上風力発電所」商業運転開始
【ガイアの夜明け】SEP船「BLUE WIND」風車設置に密着
スポンサーリンク

5~6MWの陸上風車建設に対応

このたび完成した陸上風車建設用移動式タワークレーン「S-Movable Towercrane」の吊り上げ能力は作業半径12.5mで145トン、揚程は152m。高さ120mを超える5~6MWクラスの大型陸上風車の建設に対応できるという。

さらに、国内最大の吊り上げ能力と揚程に加えて、クレーン移設工程が短いという特長があるそうです。風車の建設後、クライミングダウンをおこない架台の脚部を取り外すだけで移動用の自走式多軸台車に搭載することができるため、サイクル工程を5日程度短縮できるという。

名称S-Movable
Towercrane
クレーン能力145トン
(作業半径12.5m)
最大作業半径46m
揚程152m
電気容量600KVA
S-Movable Towercrane(マスト長37.5m)
出典:SHIMIZU CORPORATION
スポンサーリンク

タワークレーン関連記事

以前の記事で取り上げた北川鉄工所のタワークレーン「JCW1800K」。クレーンベースの昇降は油圧クライミング方式なので「S-Movable Towercrane」と同様。クレーン能力は最大で140トン、約56mのジブを装着してポスト高さ88.4mの状態で揚程は140m。能力的にはほぼ同じような感じですが、少し「S-Movable Towercrane」の方が高性能。

コメント

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。