7000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」竣工

7000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」竣工 船舶
スポンサーリンク

7,000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」竣工

2024年5月6日、中国船舶集団(CSSC)傘下の上海外高橋造船(SWS)でSeaspan向けとなる7,000TEU型コンテナ船の命名式典がおこなわれ、「ONE REINFORCEMENT」と命名。翌日の5月7日に引き渡しがおこなわれたという。

Atlasの完全子会社であるSeaspan Corporationは、2021年に7,000TEU型コンテナ船10隻の建造を発表しており、上海外高橋造船はSeaspanとの建造契約締結を明らかにしていました。このたび竣工したコンテナ船「ONE REINFORCEMENT」は7,000TEU型シリーズ船の5隻目にあたる。

「ONE REINFORCEMENT」はDNVで船級登録されており、長さ272m、幅42.8m、総トン数74,063トン。2023年5月29日に起工式(First Steel Cutting)がおこなわれたので、およそ1年で建造。「S-BOW」と呼ばれる船首形状により複数の喫水条件や速力で運航効率を向上、加えて船首に「Bow Wind Cover」と呼ばれる防風を装備し、燃費性能が大幅に最適化されている。新造船を対象としたCO2の排出量削減に関する国際条約EEDI(Energy Efficiency Design Index:エネルギー効率設計指標)フェーズ3規制およびNOx Tier III排出基準の要件を満たした環境に優しいコンテナ船であるという。

スポンサーリンク

7,000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」

船名ONE
REINFORCEMENT
総トン数74,063トン
載貨重量トン83,667トン
長さ272m
42.8m
深さ24.6m
船籍香港
建造年2024年5月
7000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」竣工
7,000TEU型コンテナ船「ONE REINFORCEMENT」
出典:X | CSSC_SWS(@CSSC_SWS
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました