7.25MWの浮体式洋上風車が洋上油田への送電を開始

7.25MWの浮体式洋上風車が洋上油田への送電を開始 洋上風力発電
スポンサーリンク

7.25MWの浮体式洋上風車が洋上油田への送電を開始

中国海洋石油の掲載記事

中国海油宣布世界首个半潜式“双百”深远海浮式风电项目成功并网发电

(CNOOCは、世界初の半潜水型「ダブルハンドレッド」深海浮体式風力発電プロジェクトが電力網への接続に成功したと発表した。)

https://www.cnoocltd.com/art/2023/5/20/art_55170_15338849.html

 2023年5月20日、中国海洋石油有限公司(CNOOC)は、中国の海南省文昌市沖136kmに設置された出力7.25MWの浮体式洋上風車が送電網に接続され運転を開始したと発表した。発電した電力は設置場所近くの文昌油田群にある洋上油田設備へ5kmに及ぶ送電ケーブルを介して送電される。

 浮体式洋上風力タービン「海油观澜号」を設置する海域は沖合距離136km、水深120mの場所で、中国語では”双百”(ダブルハンドレッド)と呼ばれ、沖合距離100km以上、水深100m以上を意味している。半潜水型の浮体に搭載している風力タービンの出力は7.25MW、年間発電電力量は22GWh、年間で約1,000万m3の天然ガスを節約し、22,000トンの二酸化炭素排出量削減が見込まれている。

 2023年3月末に浮体基礎への風力タービン搭載が完了した「海油观澜号」は、沖合の設置場所へ向けて曳航が開始されていました。

スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました