長さ123m、世界最長の洋上風車用ブレードを公開

長さ123m、世界最長の洋上風車用ブレードを公開洋上風力発電

 2022年8月30日、中国の風力タービンのブレードやFRP製品などの開発、設計、生産を行う中复连众は世界最長となる長さ123mの洋上風車用ブレードを公開。

 WFO(World Forum Offshore Wind)「洋上風力世界フォーラム」が最近発表したレポートからも見て取れますが、中国の洋上風力業界における発展ぶりは驚異的。ヨーロッパ勢の追随をぶっちぎる勢いで急成長を続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最長123mのブレード

出典:中复连众集团

 世界最長の洋上風車用ブレードを公開したのは、中国建材集团有限公司の関連会社で主に風力タービンのブレードやFRP製品などの開発、設計、生産を行う連雲港中复连众复合材料集团有限公司(Lianyungang Zhongfu Lianzhong Composites Group Co., Ltd.)。

中复连众の掲載記事

2022-08-30 | 123米!全球最长风电叶片在中复连众下线

(2022-08-30 | 123メートル! 世界最長の風力発電ブレードが中复连众の組立ラインからロールオフ)

新闻中心-连云港中复连众复合材料集团有限公司 (lzfrp.com)

 記事によると、長さ123mのブレードは16MWの洋上風力タービンに適合し、重量は50トン。ハブに連結するブレード付根部分の大きさは直径5m。

 先日、プロトタイプのナセルが完成したVestasのV236-15.0MW洋上風力タービンはブレード長さ115.5m。

 確認できるもので公式に開発が発表されている世界最大の風力タービン「MySE 16.0-242」。これでもブレードの長さは118m。明陽智能(MingYang Smart Energy)。

 今回、公開された123mのブレードがどのメーカーの風力タービンブレードとして使用されるのかは不明ですが、ブレードの長さとしては世界最長みたいです。

1年足らずで急成長

 長さ123mのブレードを公開した中复连众は、100mを超えるブレードを公開したのは今回で4回目。

 過去1年足らずで、102m、110m、112mという長大ブレードを公開し、今回123mという世界最長のブレード公開に至っている。

123mのブレード製作の様子

 大きなブレードを製作する様子はこれまで見たことなかったですが、動画を見てちょっと驚きました。ブレードの金型は見たことありましたが、それを使ってどのように製作するのかは見たことなくて。

 今回のブレードが試作品的なもので、量産体制ではないからなのかは分かりませんが、動画では大部分を人力作業で行ってます。こういうブレードなどは ”均一性” が求められそうな気がするんですが、これで品質確保できるんでしょうか?その辺は不明ですが参考までに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
洋上風力発電
スポンサーリンク
Crane1000
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
クレーン船、起重機船 世界ランキング 2022

クレーン船、起重機船の世界ランキング

日本のクレーン船は何位?

スポンサーリンク
思わず2度見してしまう興味深い瞬間

クレーン船、作業船をはじめ色々なジャンルに関する興味深い瞬間を集めてみました。

タイトルとURLをコピーしました