「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近

「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近 起重機船、クレーン船
スポンサーリンク

「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近

中国の招商局重工(CMHI)で建造している2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」で傾斜試験が完了し完成・引き渡しが近づいているようです。

「Seaway Ventus」の船体設計を手掛けているのは、GustoMSC。日本のSEP船でも多く採用されており大林組・東亜が建造した「柏鶴」を除く全船、といっても3隻だけですが「CP-8001」「CP-16001」「BLUE WIND」で採用されている。

「Seaway Ventus」に搭載するクレーンは、2,500トン吊りで「BLUE WIND」と同じ。そして、大きな特徴となるジブが伸縮するテレスコピッククレーンという点でも両船は同じ仕様となっている。

SEP船「Seaway Ventus」
出典:GustoMSC
SEP船「BLUE WIND」
出典:Japan Marine United Corporation

違いがあるのはクレーン拡張時の能力

船名Seaway VentusBLUE WIND
クレーン能力2,500トン2,500トン
揚程(ジブ格納)116.5m
(2,500トン)
116.5m
(2,500トン)
揚程(ジブ拡張)156.0m
(1,600トン)
158.5m
(1,250トン)
長さ142m142m
50m50m
深さ11m11m
レグ長さ109m90m(最大109m)
DPSDP2DP2
最大乗船人数130人130人
「Seaway Ventus」と「BLUE WIND」の仕様

2隻の船体寸法には、ほとんど違いが見られない。少し違うのは搭載しているテレスコピッククレーンを伸ばした拡張時の能力。「Seaway Ventus」は揚程156.0mでクレーン能力1,600トンに対して、「BLUE WIND」は揚程158.5mでクレーン能力は1,250トン。

2,500トン吊りのテレスコピッククレーンを製造した南通润邦重机有限公司(Nantong Rainbow Heavy Machineries)の掲載記事を見る限り、2隻のクレーンを製造したのは恐らく润邦重机。

スポンサーリンク

2,500トン吊り自航式SEP起重機船「Seaway Ventus」

船名Seaway Ventus
クレーン能力2,500トン
揚重高さ(2,500トン仕様)116.5m
揚重高さ(1,600トン仕様)156.0m
長さ142m
50m
深さ11m
喫水6.2m
デッキスペース4,600m2
レグ長さ109m
最大作業水深65m
アジマススラスター3,500kW×3
トンネルスラスター3,000kW×3
最大航行速度10ノット
宿泊設備130名
DPSDP2
SEP起重機船「Seaway Ventus」
  • 2021年11月
    First Steel Cutting Ceremony 鉄鋼切断式

    中国の江蘇省にあるCMHI(China Merchants Heavy Industry)で建造開始

  • 2022年6月
    Keel Laying Ceremony 起工式(キール敷設)
  • 2023年1月
    Launching 進水式
  • 2023年3月
    メインクレーン設置完了
  • 2023年7月
    傾斜試験完了
  • 近日中
    Delivery 完成・引き渡し

建造開始時に発表されていた完成予定は2023年第2四半期なので決算月が12月だとすると完成は4~6月。なので少し遅れてますが、3月決算だと7~9月なので予定通りともとれる。どちらにしても、ほぼ当初の予定通り建造が進捗し、順調に完成へと向かっていることが分かります。

テレスコピッククレーンを採用した世界的にも珍しいSEP起重機船「Seaway Ventus」。日本の「BLUE WIND」も同様ですが、その特異な仕様を活かした活躍が期待されます。SEP船2隻の仕事ぶりによっては、今後も同じような仕様のSEP船が建造されるのかどうかが変わってくるのかも。

スポンサーリンク

SEP起重機船「Seaway Ventus」に関する記事

ドイツの「Gode Wind 3」最初の11MW風力タービン設置
2024年5月8日、Ørstedはドイツ沖合の北海で建設を進める洋上風力発電所「Gode Wind 3」において1基目の11MW風力タービン設置が完了し、送電網への電力供給を開始したと発表。
「BLUE WIND」と同型船「SEAWAY VENTUS」完成
2023年11月末、中国の招商局重工(CMHI)で建造していたSeaway7の2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」が完成し、引き渡しがおこなわれました。
新造SEP船にHuisman製モノパイル設置関連機材を納入
2023年8月2日、Huismanは中国で建造している2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」に搭載するモノパイル設置関連機材について、Seaway7から納入契約を獲得したことを発表しました。
「BLUE WIND」とほぼ同仕様のSEP船、完成間近
中国の招商局重工(CMHI)で建造している2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」で傾斜試験が完了し完成・引き渡しが近づいているようです。
SEP船「Seaway Ventus」メインクレーン設置完了
Seaway 7が中国で建造中のSEP起重機船「Seaway Ventus」のメインクレーン設置が完了。最大吊り上げ能力2,500トンのクレーンは、清水建設が建造した「BLUE WIND」と同じ伸縮するテレスコピッククレーン。
润邦重机がGustoMSC向けに製造した2500tクレーンが完成
中国の南通润邦重机有限公司がGustoMSC向けに製造した2,500トン吊りクレーンが完成し、納入されました。クレーンはブームが伸縮するテレスコピッククレーンで、清水建設が建造したSEP船「BLUE WIND」と同じタイプ。
2,500トン吊りSEP船「Seaway Ventus」進水式
中国で建造中の2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の進水式が行われました。船体設計は GustoMSC によるもので、日本の清水建設が建造した「BLUE WIND」と同タイプの NG-14000XL-G。
2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」起工式
2022年6月6日、中国の招商局重工(CMHI)海門基地、1号ドックで2,500トン吊りSEP起重機船「Seaway Ventus」の起工式が行われた。2021年11月に”steel cutting”、今回は”Keel Laying”が行われた。
Seaway7 2,500トン吊SEP起重機船 建造開始
「VIND1」建造開始 2021年11月、中国の江蘇省(こうそしょう)にあるCMHI(China Merchants Heavy Industry)で2,500トン吊の「VIND1」steel cutting ceremony が行われた。...
スポンサーリンク
世界のサルベージ オペレーション

来島海峡で水深60mの海底に沈んだ全長約170mの「白虎」引き揚げをはじめ、日本国内でも多くのサルベージオペレーションがおこなわれています。
世界各地で実施されている困難なサルベージの数々を紹介。

スポンサーリンク
SEP起重機船 世界ランキング 2023

世界的な再生可能エネルギーへの転換に伴い、洋上風力発電の建設は勢いを増すばかり。
風力タービン設置の専用船ともいうべきSEP起重機船も数多く建造され、大型化する洋上風車に対応するべく既存船アップグレードがおこなわれている。
世界のSEP起重機船56隻のランキングに加えて新造船22隻の建造情報を一覧で紹介。

Crane1000をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました